ラクトフェリンの選び方や購入のガイドラインとなるサイトです。

パッケージで選ぶラクトフェリン

ラクトフェリン選びに重要なポイントが1つ。それはパッケージ。
「パッケージ?可愛いデザインかどうかってこと?」ではないんだモウ!
サプリメントを選ぶ際にはパッケージの「表示」に注目するのがポイントなんだけど、それはなぜかを今から解説するモウ!

1.サプリメントのパッケージについて

サプリメントのパッケージで良く見られるのがパウチタイプとボトルタイプ。それぞれにメリット・デメリットがあるんだモ~。
パウチタイプはなんといってもかさばらず持ち歩けて軽いのが魅力。だけど中に入っているサプリは衝撃に弱く割れやすくなるという欠点もあるんだモ~。
ボトルタイプはプラスチックで丈夫だからサプリが割れにくいけれど、ザラザラとうるさく、かさばるというところが欠点だモ~。
最近では可愛いピルケースなども発売されているから、必要に応じてサプリを詰め替えて使用する人も増えているんだモ~。
いずれにしても、パッケージで品質が違うということはないんだモウ。問題はその表示なんだモウ。

当サイトオススメラクトフェリンランキング

  • ライオンのラクトフェリンラブレ

    植物由来のラブレ菌配合

    一日あたり 197円
    定期価格 5900円(税抜き)
    コスト
    含有量
    1回飲量
    配合成分
    腸まで届く
  • 森永乳業のラクトフェリンプラス

    噛んで食べるタイプのラクトフェリン

    一日あたり 293円
    定期価格 8796円(税抜き)
    コスト
    含有量
    1回飲量
    配合成分
    腸まで届く
  • 濃純ラクトフェリン美肌MAX

    コラーゲンやヒアルロン酸を配合

    一日あたり 249円
    定期価格 7475円(税抜き)
    コスト
    含有量
    1回飲量
    配合成分
    腸まで届く
おすすめ 腸へ届く

ライオンのラクトフェリンラブレ

価格
5900円
1日あたり
197円
ラクトフェリン
300mg

植物由来のラブレ菌配合

おすすめ 腸へ届く

森永乳業のラクトフェリンプラス

価格
5537円
1日あたり
293円
ラクトフェリン
600mg

噛んで食べるタイプのラクトフェリン

おすすめ 腸へ届く

濃純ラクトフェリン美肌MAX

価格
7475円
1日あたり
249円
ラクトフェリン
300mg

コラーゲンやヒアルロン酸を配合

サプリメントパッケージで大事な3点だモ~

  • サプリメントのパッケージにはパウチタイプとボトルタイプがある
  • ともに利点と欠点があるが、品質の差はない
  • パッケージタイプよりも配合成分の記述など内容が大事

2.ラクトフェリンについて

そもそも、なぜラクトフェリンをとった方が良いのかを解説するモウ。
ラクトフェリンは母乳や牛乳に含まれる、鉄分を吸収する働きをするたんぱく質の一種。
様々な働きをする性質があることから多機能性たんぱく質と呼ばれているんだモ~
近年ラクトフェリンに関する研究が進み、授乳期の赤ちゃんだけでなく、大人に対しても以下のような効果があることがわかってきたんだモウ。

・鉄分を吸収する→急なふらふら予防
・悪玉菌の鉄分を奪う→健康維持
・ビフィズス菌のエサになる→善玉菌を増やす→健康維持
・活性酸素を取り去る→美容や健康に役立つ

産まれたばかりの赤ちゃんは母乳だけを飲んで成長し、外界に適応していくため、その中に含まれるラクトフェリンには様々な働きをこなす性質があるのではと言われているんだモ~
「ラクトフェリン」の名前が一躍有名になったのは、2013年にラクトフェリンによるノロウィルスに対しての耐性の研究発表されてからなんだモ~
ラクトフェリンを日常的にとっていたグループは、そうでないグループに比べてノロウィルスの耐性が強かったほか、かかってしまった人たちも比較的軽軽い状態で済んだということだったんだモウ。
それがテレビで報道されてからというもの、ラクトフェリンを強化したヨーグルトが品切れになったりしたこともあったんだモ~

このように良い働きがたくさんあるラクトフェリン。研究が進むにつれてもっとたくさんの可能性を秘めているんだモ~

3.ラクトフェリンの含有量と飲むタイミング

パッケージに記載されている、ラクトフェリンサプリメントの配合量を確認するときは、体質改善などのために口にする場合。成人1日あたり150mg以上(特に上限はなし)が必要だと言われているので、これだけの量が含まれているのかどうかを確認するのがまずはポイントなんだモ~
他にも、ラクトフェリンがちゃんとその働きを発揮するためには、そのまま届くことが重要。なので、そのままの状態で届くということがきちんと記載されているかも確認する必要があるんだモ~。注目する部分は、サプリメントに耐酸性カプセルや特殊コーティングなど記載があるかどうかだモウ。

つまり、
・ラクトフェリンの含有量が150mg/1日の摂取量があるかどうか
・最後までそのままラクトフェリンが届く加工がされているか
この2点はちゃんと確認する必要があるんだモ~

それから、パッケージには飲むタイミングなどあまり書かれていないことが多いモウ。
通常サプリメントは指定された飲むタイミングや量に制限はないモウ。だけど、よりよく働くためには飲むタイミングも重要だモウ。それはラクトフェリンの弱点でもある、なるべく食べたものが溶けやすい時間を避けて摂取するのがおすすめだモウ。
なので、朝より夜寝る前が良いモウ!特に寝る前は食べたものが溶ける量が少ないと言われているので、寝る前に飲むことを心がけてみるとよりラクトフェリンに期待できるかもしれないんだモウ!

一押しラクトフェリンサプリメント

ラクトフェリンたっぷり300mgを配合。耐酸性カプセルといった、サプリメントへの工夫もしっかりと施されています。ビフィズス菌とフェカリス菌も配合され、天然のオリゴ糖で菌がよりイキイキと配合の相性も抜群です。

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌

初回価格 一日コスト ラクトフェリン 腸まで届く
1980円 150円 300mg
配合成分
甜菜オリゴ糖・乳酸菌・フェカリス菌

お悩み別ランキングで選ぶ